【FFRK】FFⅥイベントを攻略していく枠+α

【FFRK】FFⅥイベントを攻略していく枠+α

【FFRK】FFⅥイベントを攻略していく枠+α

配信終了しました。上のリンクからアーカイブ動画を視聴できます。
今回の配信時間は80分弱。あまり戦闘が長引かなかったため短めとなりました。
なお、アーカイブ動画を再生する際に広告が流れる事がありますのでご了承ください。

イベントについて

FFRK 死海に座す伝説の竜たち

今回の配信で攻略したのは、FFⅥのイベント「死海に座す伝説の竜たち」
作中に登場した伝説の八竜がボスとして登場しており、
EX++ダンジョンの初回クリア報酬には新たな☆5シーフアビリティ、
ヒートバイトが用意されています。
ヒートバイトは簡単に言えばダッシュバイトの炎属性バージョン。
短剣装備時には威力も上がるため、ロックやイグニスに炎強化の短剣を持たせて使えば
短い間隔でかなりのダメージを期待できそうです。

また、本イベントが開催された翌週には2017年11月に開催されたFFⅥイベントの
「勇気ある者たちの反撃」も一部ボス戦が復刻された状態で再登場しました。
☆5シーフアビリティのソウルバーンが初登場したのもこのイベントからでしたね。
凶ダンジョンの初回クリア報酬で貰えるアクセサリは疾風のかんざし【Ⅵ】
ストップと継続ダメージを中確率で防ぐアクセサリです。
エスナやウルトラキュアーでは治せない厄介な状態異常を防げるので
まだ手元に無い人は確保しておくと役に立つ時が訪れるかもしれません。
(「勇気ある者たちの反撃」攻略配信のまとめ記事はこちらからどうぞ。)

 

配信でプレイした内容など

FFRK スカルドラゴン

配信では本イベント→復刻イベント→マルチ→ナイトメア の順で進めていきました。
今回のイベントはボスが八竜という事もあり、EX以降の全ボスに弱点属性があるため
対応した必殺技やアビリティを使えるキャラ中心で編成すれば戦いやすくなります。
敵が使用してくる属性攻撃を軽減できるアクセサリもあればなお良し。

 

イベントの滅+ボスはストームドラゴン。雷属性が弱点です。
前衛に対してはこのはらんぶ、後衛に対してはかまいたち、全体にエアロガを使用し
これらは魔法防御を無視してくるため、風軽減や魔力デバフは必須。
原作ほど回避率が高い訳ではないので、弱点さえ突く事ができれば
物理・魔法どちらで攻めても問題無く倒せます。
今回の配信では物理パーティで挑んだので、
クリスタルタワーで再戦する時は魔法パで挑んでみましょうかね……憶えてたら。

滅++のボスはスカルドラゴン。炎・聖属性弱点ですがそれ以外の属性は軽減(毒は吸収)。
前衛の味方に対しては様々な状態異常を付与するディスアスターや
確定で混乱状態にしてくるぼうれいを使ってくるため物凄く厄介です。
後列に下がっていればこれらは回避できますが、後衛に対しては
戦闘開始直後に30カウントの死の宣告を使ってくるのでかなりの火力が求められることに……。
また、戦闘開始からゲーム無い時間で20秒ほど経過すると
メンバーの1人を耐性無視で即死させるデスを使用してくるので
そこから蘇生させずに押し切るか、蘇生手段を用意するかの判断も必要になってきます。
配信ではティナやロックにオーバーフロー奥義を撃たせて一気にHPを削り
Ⅵキャラのみの編成で倒すことにも成功しました。
奥義を持ってなかったらミッションクリアはほぼ無理だったでしょうね……。

 

FFRK FFⅥナイトメア

時間が余ったので今回はFFⅥのナイトメアダンジョンにも挑戦しています。
ここで戦う事になるのはアレクソウル&ソウルセイバー
難度240の分はクリア済みであり、配信では難度280のボス戦に
全員FFⅥのキャラの編成で挑んでみました。
手持ちにⅥキャラの装備が多かったおかげで今回は楽に感じましたね……。

戦い方はティナとロック、ゴゴが炎属性中心に攻撃し、
モグが踊ってデバフ(+回復)、リルムが回復といった感じです。
スカルドラゴン戦でお世話になったオーバーフロー奥義がここでも大活躍。
ティナに至っては炎纏い(バースト)からの奥義でカンストダメージを3連発!
このお蔭で40秒以内にクリアする事ができました。
ロックはともかく、ゴゴがおしおきメテオでのバフ(攻・魔中アップ)以外地味だったので
他の火力を出しやすいキャラに入れ替えるとタイムももう少し短縮できるかもしれません。
手持ちのキャラで他の超絶持ちⅥキャラと言うと……カイエンとか?

ナイトメアダンジョンでルビーを手に入れた事により、
新たな☆6アビリティの記憶を交換できる数が揃ったので
今回は☆6ナイトアビリティのエンハンスレイドを作る事にしました。
エンハンスレイドの効果は単体に5連続の聖属性物理攻撃+味方1人のHPを2000回復。
威力自体はアサルトセイバーと同程度ですが、防御ダウンのデメリットが無く
連続でナイトアビリティを発動できるキャラクターに持たせておけば非常に効果的です。
配信終了後に取り敢えず8回使用可能な状態にまで精錬しておいたので、
セリスやアグリアスなどの聖纏いナイトに使わせてあげたいですね。

 

装備召喚

FFRK FFⅥ装備召喚

配信の最後に、FFⅥのイベント装備召喚第2弾を回してみました。
こちらにピックアップされていたのはストラゴスやガウ、ウーマロ、ゴゴの新装備。
いずれの装備に付いている超絶必殺技も面白い効果であり、
先述の幅が広がりそうなので狙ってみた……のですが、
今回新たに入手できた装備はフェイスロッドプリズムロッドの2本でした。
被りではありませんし、これはこれで使い道もあるかも……?

 

フェイスロッド【Ⅵ】はストラゴスのレジェンドマテリア付きのロッド。
水属性攻撃のアビリティを使用時に低確率でもう1回放つ効果があり、
連続ウォタガやボルテックによる連続攻撃を狙いたい場面では効果的です。
ストラゴス自身がFFRKでは貴重な水纏いの魔法アタッカーなので、
魔法特効の☆5炎魔石ダンジョン攻略時にこのマテリアがあると戦いやすくなるはず。

プリズムロッド【Ⅵ】はモグの超絶必殺技、闇のレクイエム付きのロッド。
敵全体の攻撃力&魔力&防御力&魔法防御力&精神を一定時間中ダウンさせ、
味方全体にプロテス&シェル&ヘイストの効果がある補助技となっています。
戦闘開始直後に使えば準備を一気に整える事ができますが、
フレンド召喚などで新壁のグリモアを使える場面ではあまり役に立たないかもしれません……。
が、フレンドが鉄壁固定のクリスタルタワーや魔石、ナイトメアダンジョンにおいては
最初にこの必殺技を使わせると他のキャラの負担も減らせます。
モグはもう1つの超絶、森のノクターンが非常に優秀(配信でもよく使ってますし)なので
どちらを使わせるかは悩みどころですが、
他のバフが得意なキャラが同行しているなら闇のレクイエムを使うのもアリでしょう。

 

 

次回予告

次回のFFRK配信は7月10日(火)の22:30より開始予定です。
次の内容はFFⅢのイベント攻略。
今回の配信と同じく、メインイベントと復刻(開催される?)、マルチに加え
ナイトメアダンジョンの攻略もできたら、と考えています。
装備召喚は新しい方ではなく、ミスリル15で回せるシリーズ装備召喚を回す予定。
また次回の配信も宜しくお願い致します。

 

 

それではまた。