【FFTA】トリガーハッピーが配信するFINAL FANTASY TACTICS ADVANCE #10

【FFTA】トリガーハッピーが配信するFINAL FANTASY TACTICS ADVANCE #10

【FFTA】トリガーハッピーが配信するFINAL FANTASY TACTICS ADVANCE #10

配信終了しました。上のリンクからアーカイブ動画を視聴できます。
今回の配信時間は100分弱。最初がちょっとグダグダですがご容赦願います(土下座)
なお、アーカイブ動画を再生する際に広告が流れる事がありますのでご了承ください。

物語のあらすじ

音なしの砂

「鳴き砂」の名所、デライラ砂丘の砂が急に鳴かなくなったとの事で、
原因を調査するために砂丘へ赴いたマーシュたち。
そこへミュートの新しい従者レドナが現れます。
レドナを宮廷に属する人物だと察して身構えるマーシュでしたが、
空間のはざまに通じるひずみが開き、2人は呑み込まれてしまいました。

空間のはざまの中でレドナはマーシュに闇魔法・オメガを放とうとしますが、
その直前にシドが駆けつけ、アドバンスト・ロウでオメガを禁止します。
「ここでオメガを使えばクリスタルが破壊される」というシドの言葉を受け
レドナは詠唱を止めますが、代わりに仲間を呼んでマーシュに攻撃を仕掛けてきました。
「おまえはボクに勝てない」と豪語するレドナに攻撃を加えるも全く効かず、
本当に勝つ事ができないのかと狼狽えるマーシュ。
しかしレドナもしびれを切らし、再びオメガを使おうとしてしまい
シドが追加したロウを破った事でレドナは退場させられてしまいました。

 

神獣マティウス

レドナの脅威は去りましたが、空間のはざまに来たという事は
奥に最後のクリスタルがあり、それを破壊すればイヴァリースは元の世界に戻るという事。
マーシュはそのまま進んでいき、クリスタルが祀られている部屋へとたどり着きました。
最後のクリスタルを守っている人間族の守護神獣・マティウス
マーシュにリッツやドネッド、ミュートなど
イヴァリースに残りたい友人や家族の幻影を見せて動揺を誘いますが、
マーシュはこれに屈せず、クリスタルを砕く意思を貫きマティウスに戦いを挑みます。

苦戦の末にマーシュ達はマティウスを倒す事に成功し、クリスタルも砕かれました。
しかし5つ全てのクリスタルが砕かれたにもかかわらず、
イヴァリースが元の世界に戻ろうとする気配はありません。
どうして何も起きないのかとマーシュが動揺していると、
そこに女王レメディの幻影が現れました。
レメディが言うには「この世界はまだ存在を望まれているから消えない」との事です。
ミュートがこの世界に居続けたいと願い、
ミュートが元の世界にはもういない母であるレメディを必要としているから
イヴァリースはまだ存在し続けるらしく、
結局マーシュはクリスタルの間から元の場所へと戻されてしまいました。

これからどうするのかというシドの問いに対し、
マーシュはミュートに会って話をしてみる、と答えます。
そこから先の事は分からないようでしたが、次の行動を起こすために
マーシュはその場を後にしました。

 

贈り物の日

宮廷にいるマーシュに会うにはどうすればいいのかと悩んでいると、
街の酒場で「贈り物の日」についての噂を耳にしました。
モンブランが言うには贈り物の日とは女王や王子に謁見できる日の事であり、
多くの客が贈り物を宮廷に持ち込む事からそのような呼び名が付いたそうです。
マーシュも何か豪華な贈り物を用意すれば宮廷に入れるのでは……と考え、
ミュートへの贈り物を作る材料としてマテリア晶石を摂りに行く事にしました。

マテリアの森で大きなマテリアの原石を見つけたマーシュはこれを持ち帰ろうとしますが、
原石を横取りして売り飛ばそうとする賞金稼ぎの集団に狙われ、これと交戦します。
賞金稼ぎの集団はマーシュがマテリア晶石を採りに行った事を知っていたらしく、
マーシュはこの情報を流した人物がドネッドであると確信しました。
賞金稼ぎの集団を倒してからドネッドを探していると、
背後から不意を突いて現れたドネッドに採れたばかりの晶石を奪われてしまいます。
すぐに返すように迫るマーシュですが、ドネッドはそれを地面に叩きつけ
粉々に砕いてしまいました。
どうしてこんな事をするのかと問うマーシュに対し、
ドネッドは健康な体や仲間を得たこの世界を壊そうとする兄の邪魔をすると告げ
そのまま去ってしまいます。

 

配信でプレイした内容など

ゴ配達します

配信では最初にストーリークエストの「音なしの砂」「神獣マティウス」
「マテリア晶石採取」の3つをクリアし、
それから残った時間でサブクエストの「ゴ配達します」「盗まれたスクープ」を消化。
この辺りまで来るとストーリーももう終盤ですね。
まだまだ本編とは関係ないサブクエストが山ほど残ってますが……。
ちなみにストーリー上の必須戦闘はあと8戦。完結も近いです。

 

「音なしの砂」では初めてレドナと戦う事になりますが、
あらすじでも書いた通りレドナは絶対に倒す事ができません。
2ターンほど耐えれば勝手にレドナが退場するので無理に突っ込む必要のない戦闘です。
しかしレドナが身に着けている装備品はいずれも貴重品ばかりなので
何とか盗んでおきたかったものの、1つも盗めずに終わりましたね……。
あの場面で短い時間の間にレドナを丸裸にしてしまいたい場合、
ヘイストや曲芸師のスマイルを使って盗む人のターンを積極的に回さないと
どうしても間に合わないようです。
絶対に盗まないといけない程の装備でもありませんが、装備品のコレクションが好きな人は
やり込みプレイをする上でひとつの壁になっているみたいですね。

続くマティウス戦ではマティウスのサザンクロスやヴァンパイアのレベル?Sフレアなど
全体攻撃を多用されるため、対策無しだとかなりキツい戦闘です。
しかし予めワールドロウが「全体禁止」の日に戦闘に入ったため
これらの攻撃を使わせずに戦う事ができました。
マティウスは免罪符持ちなのでそれでもお構いなしにサザンクロスを使ってきますが、
取り巻きの攻撃が来ない分物凄く戦いやすくなります。
ちなみに、レベル?Sフレアは「使用者のLvの1の位が同じユニットにシャドウフレア」
という仕様で、ここで出現するヴァンパイアは全てLv21か22なので
対象に入らないLvのユニットだけで出撃する事でも回避可能です。
喰らうと痛いですがラーニング可能なので、
余裕があったらここで覚えておくといいかもしれません。

 

リボン剥ぎ取り

その次、「マテリア晶石採取」の戦闘では敵から正宗マドゥマーベラスチアーリボン
貴重な装備品を次から次へと剥ぎ取っています。
正宗はFFTAの刀の中では2番目に強い(最強の刀はクリア後のサブクエストで入手)ため
ここでゲットしておくと忍者やアサシンが凄まじい火力を発揮できますね……!
また、マドゥは赤魔道士が連続魔法を、マーベラスチアーは白魔道士がリレイズを習得できる
とても貴重な武器なので、やはりここで盗んでおくのをお薦めします。
リボンは言わずもがな。アクセサリではなく兜扱いなのでそこだけ注意です。

 

サブクエストでの戦闘は敵のLvもあまり高くなく、
装備品も大して珍しいものを持っていたわけでは無かった為
ほとんど盗まずに終わってしまいました。
ラスボスを倒しに行くだけなら今回手に入った装備品でも十分な気もしますね……。
一応、今後の配信中も敵が珍しい装備品を持っていた場合は
マーシュに盗んでもらうべく粘る事があるかもしれません。

 

次回予告

次回のFFTA配信は7月21日(金)の22:30から開始予定です。
次は宮廷に入ってミュートに会いに行くところからですね。
難所も控えていますが、対策していればきっと安全に突破できるはず……。

 

それではまた。