【DDLC】トリガーハッピーが配信するドキドキ文芸部! #3

【DDLC】トリガーハッピーが配信するドキドキ文芸部! #3

【DDLC】トリガーハッピーが配信するドキドキ文芸部! #3

配信終了しました。上のリンクからアーカイブ動画を視聴できます。
今回の配信時間は110分強。このゲームの怖さがようやく分かりました。
以下、作中の重大なネタバレを含むのでご注意下さい。

配信でプレイした内容など

DDLC-サヨリ

今回の配信はゲーム中3回目の詩を見せあうイベントから。
前回の一件でサヨリちゃんの事がかなり心配だったので、
まず真っ先にサヨリちゃんに詩を見せに行った……のですが、
彼女は心ここにあらずといった状態で、「具合が悪くなった」と言い
ひとりで部室から去ってしまいました……。
直前(前回)までナツキちゃんと仲良くしてたのがマズかったのでは、と
ここから自分も反省モードに。

一方、ナツキちゃんからはラブレターめいた詩を見せてもらったり
モニカちゃんからは意味深な詩を見せてもらったりと様々な展開が。
あまり構ってあげていないユリさんはどうなんだろうと思ったら
自信を無くしてしまっているのか単に恥ずかしいのか
今回は詩を見せて貰えず……。
サヨリちゃんも心配でしたが、ユリさんもそろそろダークサイドを晒さないか
かなり不安になってきていました。

 

DDLC-サヨリ

そんなこんなで気が付けば高校の文化祭も間近となり、
主人公君は文化祭の準備のために誰かの作業を手伝う事となりました。
ユリさんからは一緒にいたいからか猛アピールをされていましたが
やはり自分はナツキちゃん推しだったので彼女と一緒にお菓子作りをすることに。
一応、サヨリちゃんと一緒に過ごせそうな選択肢もあったのですが
構おうとしても距離を取られている印象だった為、
敢えて選ばずにナツキちゃんを手伝うと決めました。ごめんな……。

そして文化祭前日、ナツキちゃんが主人公の家にお菓子作りの道具などを持ち込み
一緒にカップケーキを作っていくという展開になったのですが、
彼女が家に来るまでに時間があるようだったので、
近所に住むサヨリの様子を見に行く事になりました。
部屋にいたサヨリちゃんはやはり元気が無く、主人公が問い詰めると
サヨリちゃんの口から信じられない事実が。
なんとサヨリちゃんはずっと前から重い鬱病だったというのです……。
寝坊が多いのも鬱病によるもので、
それをずっと主人公は気付いてあげられませんでした。

サヨリちゃんは元々本当に健気な子で、
幼馴染であると同時に大切に想っている主人公をもっと元気付けたい、
幸せになって欲しいと思ったが為に文芸部に誘っていました。
しかし、これまで通り接してくれつつも他の女の子たちと親密になっていく彼を見て
寂しさを感じながら、それを「彼にとっての幸せ」と自分に言い聞かせる事で
次第にサヨリちゃんは心に深い傷を負っていたようです……。
主人公にこの事実を今の今まで話さなかったのは、
この悩みを打ち明けたら、主人公はこんな自分のために
努力を無駄にしてしまうと思っていたからでした。

サヨリちゃんの苦しみを初めて知った主人公は、彼女を抱きしめ
一緒にいてやる、元に戻れるように何だってすると約束し、
この後のナツキちゃんとのお菓子作りも一緒にしないかと誘いますが、
「今日は楽しく過ごせそうにない」とサヨリちゃんは答え
明日また会う約束をして別れました。
こんな流れで楽しくお菓子作りができるのかと不安になってきます……。

 

DDLC-ナツキ

しかし数分後、そこにはキッチンでイチャつく主人公とナツキちゃんの姿が!!

自分でそういう選択をしておきながら言うのも難ですが、これはなかなかにクズい。
しかしやっぱりナツキちゃんの可愛さには勝てねぇ……笑顔が眩しいよ……(惚)
私服も子どもっぽい感じが否めませんがそこがいい。ディモールトベネ。
ナツキちゃんのお菓子作りに対する情熱もこれまで以上によく伝わり、
更にはラブコメ的な展開からソレっぽい雰囲気にまで発展したりも……。
もう俺はこのキッチンの空気をビンに詰めて棚に並べておきたい。

何やかんやあってお菓子作りを終え、
出来上がったカップケーキは翌日主人公とサヨリちゃんの2人で学校へ運ぶ事に。
家へ帰ろうとするナツキちゃんを見送ろうと外に出ると、
ナツキちゃんも名残惜しいのか袖をキュッと掴み(萌死)
数センチの距離にまで顔を近づけて寂しそうな表情を見せてきます(昇天)
これはもう付き合うしかねえと

 

思ったその時

 

 

(心が折れる音)

 

 








直前までナツキちゃんにデレデレしていた自分をブン殴りたくなりました。
気まずさを感じたのかナツキちゃんはその場から立ち去り、
後に残されたのは主人公とサヨリちゃんの2人だけ。
これはもう……サヨリちゃんにビン詰めにされる展開だな?

と思っていたのですが、サヨリちゃんはやはり緩やかな笑顔を見せて
気にしないように言ってくるだけでした。
しかし主人公もサヨリちゃんとの約束を忘れていた訳ではありません。
我に返り、改めてサヨリちゃんのそばに居続けると告げた主人公。
サヨリちゃんはずっと主人公に抱いていた想いを打ち明け、
主人公もまた、サヨリちゃんの事が好きだと告白し
2人は互いに抱き合って、これから先ずっと一緒にいると約束します。
プレイヤーの自分も、もっとサヨリちゃんを大切にしてあげるべきだったと
この時は深く反省しました……。

そして翌日迎えた文化祭。
主人公はサヨリちゃんにこの日を付き合ってから最初の初デートにしようと言っており
登校する前も彼女の事を気に掛けていました……が、やはりこの日も寝坊した様子。
昨日の今日でまた部屋まで行って構うような真似をすると却って傷つけると感じたのか
主人公はナツキちゃんと作ったカップケーキを1人で部室まで運びました。
しかし部室にいたのは部長のモニカ1人だけ。
ひとまず準備を済ませ、部の出し物として発表する各々の詩に目を通していると
サヨリちゃんの詩だけが異様な内容のものになっていた事に気付きます。

わたしのあたまからでていけ。あたまからでていけ。あたまから
でていけ。あたまからでていけ。あたまからでていけ。あたまか
らでていけ。あたまからでていけ。あたまからでていけ。あたま
からでていけ。あたまからでていけ。あたまからでていけ。あた
まからでていけ。あたまからでていけ。あたまからでていけ。あ
たまからでていけ。あたまからでていけ。あたまからでていけ。
あたまからでていけ。あたまからでていけ。あたまからでてい
け。あたまからでていけ。あたまからでていけ。あたまからでて
いけ。あたまからでていけ。あたまからでていけ。あたまからで
ていけ。あたまからでていけ。あたまからでていけ。あたまから
でていけ。あたまからでていけ。あたまからでていけ。あたまか
らでていけ。あたまからでていけ。あたまからでていけ。あたま
からでていけ。あたまからでていけ。あたまからでていけ。あた
まからでていけ。あたまからでていけ。わたしの
わたし。
の。
あたま。
から。
でていけ。

 

あなたにとっていちばんのことをしてしまうまえにわたしのあた
まからでていけ。
あのこにいわれたことをぜんぶきいてしまうまえにわたしのあ
たまからでていけ。
あなたへのあいをみせてしまうまえにわたしのあたまからでて
いけ。
このしをかきおえてしまうまえにわたしのあたまからでていけ。

 

 

 

 

だけど詩に本当の終わりなんてない。
動きを止めるだけ。

画面にこの詩が出てきた瞬間、言葉を失いました……。
恐怖と不安と後悔とで、言葉にならない声が微かに口から洩れただけ。
気付けば半泣きになってる自分がいました。

以前、部員みんなで発表した文化祭に朗読する詩とは別のもので
ただ事ではないと感じた主人公は急いでサヨリのもとへ向かいます。
今朝だってサヨリが家から出てくるまで待ってあげればよかったのに。
一緒にいようと約束したのに。
後悔しながらも主人公はサヨリの家にあがり、サヨリの部屋に入ると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sayori

 

 

なんだよこれ……

主人公と、プレイしている自分と感情がここまで一致したのは初めてじゃないでしょうか。
普段からゲーム中に可愛い女の子を見つけては喜んでた自分ですが
ゲームの中とはいえ、そのせいでここまで1人の健気な女の子を追い詰めてしまったと思うと
涙がボロボロ出てしばらく話せなくなるほどに後悔の念しか湧いてきませんでした。
これはゲームの1つの物語だというのは分かってるつもりでしたが……これは……

悔やんでも悔やんでも、もう世話焼きで場の空気を和ませてくれていた
思いやりに溢れたサヨリちゃんはもう戻ってきません。
別のデータからロードして生きているサヨリちゃんに会える事はできても、
自分の行動の結果、彼女を深く傷つけていたという事実は記憶に残り続けます。
悔恨を抱いたまま画面は暗転していき、そのまま物語は終わってしまいました。

そして……

 

 

次回予告

DDLC-2周目

次の配信では2周目から始めていきます。始めていきますが……
タイトル画面が明らかにおかしい。
本来サヨリがいたところには、他の女の子3人のモザイク画のような
崩れた見た目の女の子が1人立っています。
メニュー部分も「ニューゲーム」があった部分が文字化けしてるし……。
一応、視聴者さん曰くこれも演出のうちらしく、ガチのバグでは無いようなので
このまま続けていくべきなのでしょう。

そんな訳で、いよいよ不安になってきたドキドキ文芸部の2周目配信は
7月14日(日)の22:30より開始予定です。
次こそはサヨリちゃんを助けてあげたいです。
タイトル画面から消えてしまった彼女を救い出して幸せにしてあげたい……。
納得のいく結末を迎えるまで、諦めずに向き合っていきます。

 

それではまた。